ANAとJAL、マイル有効期限延長など特別対応「来年度の旅行はいつから予約できる?」

当ページのリンクには広告が含まれています。
ANAとJAL、マイル有効期限延長など特別対応「来年度の旅行はいつから予約できる?」

2020年は新型コロナウイルスの影響により、例年のようなGWの賑わいはなく、旅行を計画された方のほとんどが断念されたかと思います。

緊急事態宣言が解除された地域もあり、だんだんと回復傾向に向かっているのは確か。しかしコロナウイルス終息の見通しはたっておらず、旅行業界の繁忙期であるお盆・夏休みシーズンも気軽に旅行の計画が立てられない状況が続いています。

そんな中、飛行機に搭乗した際などに付与される「マイル」の有効期限が切れてしまう方の為に、大手航空会社がマイルの有効期限を延長するなどの特別対応を発表しています。

「マイルを使いたいのに使えない!」「せっかく貯めたマイルが有効期限切れになってちゃう!」と心配していた方もこれでひと安心。

本記事では、大手国内航空会社ANA、JALのマイル救済措置、その他発表された特別対応の内容、来年度の旅行はいつから予約できるのか?について紹介しています。

目次

有効期限が迫るマイルの救済措置

マイル救済措置イメージ

新型コロナウイルスの影響で気軽に旅行ができなくなり、マイルを使う場面がなくなってしまいました。「このご時世だししょうがない」と思う方も多いかと思います。

しかし、マイルを積極的に貯めていた方(いわゆるマイラー)にとっては「たくさんマイルを貯めてきたのに使えない!もうすぐ有効期限切れちゃうんですけどぉー!」といった悲鳴がちらほら。

そんな方たちを救うべく、航空会社が続々とマイルの救済措置を発表しました。大手国内航空会社2社(ANA・JAL)はマイル保有者に対して、以下のような救済措置を発表しています。

ANAマイルの救済措置

2020年3月31日(火)~2021年2月28日(日)までに有効期限を迎えるマイル・ANA SKY コインは、2021年3月31日(水)まで有効期限を延長。

有効期限を迎えたマイル・ANA SKY コインは一度失効。翌月下旬頃に、2021年3月31日(水)を有効期限とした同数のマイル・ANA SKY コインを積算してくれるとのこと。事前申請は不要なので、該当される方は、精算されるであろう時期にご自身の会員ページなどで明細を確認しましょう!

対象外となる場合や、その他詳細はANA公式サイトから確認ができます。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/news/info/200319/mile-skycoin/

ANA SKY コインとは?

ANA SKY コインは、ANAのWebサイトで提供されている航空券や旅行商品のお支払いに10コイン単位(10円分相当)で利用できる電子クーポンのこと。

保有しているマイルを1マイル=1コインで交換できるのですが、10,000マイル以上をコインに交換する場合、交換マイル数と、ANAマイレージクラブ会員ステイタスやANAカードの種類に応じて、交換率が1.2倍~1.7倍に変動することも魅力の一つ!

ANA SKY コインについて
出典:ANA

JALマイルの救済措置

2020年2月~2020年9月末までに有効期限をむかえるマイル・e JALポイントは、有効期限1年間のe JALポイントとして精算。
※発表当初は2020年7月末までが対象とされていましたが、その後2020年9月末までに延長されています

JALは、1マイルを1.5 e JALポイントとして精算、e JALポイントは同数のe JALポイントに積算してくれるとのこと。有効期限を迎えたマイル・e JALポイントは一度失効し、事前登録いただいた翌月下旬頃に、積算日から1年後の同月末を有効期限とするe JALポイントが積算されるので、ご自身の会員ページ明細で確認しましょう!

ANAとは異なり、精算には事前登録が必要となるので注意が必要です。
また、マイルはマイルの有効期限延長ではなく、e JALポイントへの精算です。しかし1マイルあたり1.5e JALポイントとなるので、交換率としては悪くはないのかなと思います。

詳細は、公式サイトから確認ができます。

https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/jmb/jmb-notice/

e JALポイントとは?

e JALポイントとは、JALのWebサイトで提供されている航空券やツアーの購入時に使えるポイントのこと。保有している5,000マイル=5,000ポイント(5,000円相当)、10,000マイル=15,000ポイント(15,000円相当)から5,000マイル単位で交換できて、1ポイント(1円相当)から支払いに利用OK!

JAL e JALポイントについて
出典:JAL

ステイタス期限延長の特別対応

ステイタスとは、航空会社が飛行機をよく利用する方向けに提供している特別なサービスのこと。このステイタスには有効期限があり、その期限延長の特別対応がとられるとANA、JALから発表がありました。

ANAでは、ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズ、3つのステージがあり、1年間のご搭乗に応じて、ステイタスとサービスがランクアップしていきます。

JALでは、JMBダイヤモンド/JGCダイヤモンド、JGCプレミア、JMBサファイア/JGCサファイア、JMBクリスタル/JGCクリスタル、JGCワンワールドサファイア、のサービスステイタスがあり、毎年1月~12月の12カ月間(暦年)に積算された、FLY ON ポイントや搭乗回数に応じて、サービスステイタスが決まっていきます。

ANAステイタスの特別対応

2019年1月~12月の搭乗実績で、2020年度の「ダイヤモンドサービス」「プラチナサービス」「ブロンズサービス」メンバーのステイタスをお持ちの会員の方を対象とし、2021年度(2021年4月~2022年3月)も同じステイタスを継続することを発表。これによる事前申請は必要ないとのことです。

JALステイタスの特別対応

2019年1月~12月の搭乗実績で、2020年度のFLY ON ステイタスを達成されたJALマイレージバンク会員の方を対象とし、2020年度FLY ON ステイタス(有効期限:2021年3月末)を、2021年度(有効期限:2022年3月末)までの1年間延長することを発表。これによる事前申請は必要ないとのことです。

搭乗券予約は約1年前からOK!

ANAとJALでのマイルを利用した特典航空券の予約開始時期は、以下のようになります。予約は約1年前から可能!マイルやステイタスの有効期限も延長になったので、来年の予定を立てて、気分を上げてみるのもいいかもしれません!

【ANA国内線】
運航ダイヤ期間ごと(年2回)の一斉予約販売。
※プレミアムメンバー、ANAカード会員、ANAマイレージクラブ モバイルプラス会員様は一般発売より早い先行予約を開始
【JAL国内線】
搭乗日の330日前の9:30より、搭乗日の前日の23:59までなら予約OK!
【ANA国際線】
搭乗日の355日前の9:00(日本時間)から、第一区間出発の96時間前までなら予約OK! ※往復同時予約及び発券が条件
【JAL国際線】
搭乗日の前日から数えて360日前の日本時間10:00から予約OK!
※往復利用の場合は、往復共に申し込み日から360日以内となる場合に予約可能

今はがまん!来年はきっと楽しい旅が待っている!

旅行のわくわく感

今は新型コロナウイルスの影響で、旅行が好きな方にとってはストレスが溜まってしまう時期かもしれません。しかし、マイルの救済措置や各種特別対応も始まっており、1年後のGWはきっと旅行にも行けるような日常が戻ってくる!はず!

時間がある今、どこの旅行先にしようか、どのくらいのマイルがあれば行きたい旅行先に行けるのか、お気に入りの旅館・ホテルを検索したりなど、じっくり検討するチャンス!

飛行機に乗らないでマイルを貯めて、いざ予約!という時に備えてもよし!

ゆっくり準備して、旅行に行ける日がくるのを心待ちにしましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

おトクらし編集部です!(管理人もやってます!)お得・節約・ポイ活・キャッシュレス・キャンペーン…などの言葉に敏感な運営メンバーが、日々のお得にまつわる情報を配信!

目次